法人役員や管理者の変更届出手続き

古物営業法では、法人役員や営業所において選任している管理者に次のような変更が生じた場合は、その変更の届出を行わなければならないと規定しています。 このページでは、古物商の変更について、法人役員や管理者の変更にスポットを当…

続きを読む

古物商営業を行う営業所の変更届出手続き

2020年4月1日に古物営業法一部を改正する法律が施行されました。 それに伴う重要な改正点のひとつとして営業所の変更届出手続きのルールが大きく変更になりました。 このページでは、古物商を営まれている方が、営業所に関する事…

続きを読む

古物商営業に使用するURLの届出手続き

古物商に係る古物営業に関して、インターネットを利用して、電子メールや郵便等取引の相手方と対面しないで使用できる通信手段(非対面の方法)により古物の取引をしようとする場合には、公安委員会に届け出なければなりません。 届出内…

続きを読む

中古車を使用してレンタカー業を行うには

レンタカー業を行うのには、自家用自動車有償貸渡業という許可を国土交通大臣より受けなければなりません。 レンタカー業を始めたいと思う方は、自家用自動車有償貸渡業の許可を取得さえすれば営業ができるとお考えになるのではないでし…

続きを読む

主たる営業所等の届出の出し忘れにより古物商許可が失効してしまった方へ

古物営業法の一部を改正する法律により、これまで営業所が存在する都道府県ごとに古物商許可の申請を行って許可を得る必要があったところ、営業の中心となる営業所を一つ決めてそれを主たる営業所とし、その主たる営業所の所在地を管轄す…

続きを読む

古物営業法の一部改正で主たる営業所等の届出が必要になります

平成32年4月から実施予定の一部改正される古物営業法ですが、これまで営業所が存在する都道府県ごとに古物商許可の申請を行って許可を得る必要があったところ、改正後は主たる営業所の所在地を管轄する公安委員会の許可を受ければ、そ…

続きを読む

古物商許可の審査の際に行われる現地確認(実地調査)とは?

これから中古品を売買するためには、営業所を設置する都道府県の公安委員会(実際の窓口は管轄の警察署)に、古物商許可の申請を行って許可を得なければなりません。 この古物商許可の申請を行うと、警察署・公安委員会では申請の内容に…

続きを読む

 

古物商許可の申請代行サービスの活用をご検討中の方は、お電話でご相談ください。

ページトップへ戻る