古物商許可これまでの取り扱い事例

これまでに当事務所にて古物商許可のお手続きを代行した事例の中から、いくつかをご紹介させていただきます。

○のついている事例は、比較的ご依頼を頂く機会の多い品目・業種です。

主な古物商許可の取得事例

○中古自動車

古物市場(中古車オークション)などから中古車を仕入れ、販売や輸出をするため

○中古自動車部品

中古のパーツを店頭などで買い取り、店頭で販売するため

中古タイヤなどを出張買い取りし、主に輸出するため

金券ショップ

フランチャイズ系の金券ショップを開業するため

中古楽器

中古の楽器を買い取って販売するため

観賞魚や釣り

熱帯魚などと合わせて中古の飼育器具を販売するため

中古の釣具などを販売するため

中古ゲーム機

中古のゲーム機を買い取って輸出などするため

中古携帯電話

いわゆる「白ロム」を買い取って販売するため

○中古パソコンやコンピュータ類

中古のパソコンを買い取り、国内で販売または国外へ輸出等するため

中古家具

中古の家具を買い取り、販売するため

○中古家電製品

中古の家電製品を仕入れて販売するため

古美術品

美術品を買い取って、レンタルや販売をするため

書籍

古本屋・古書店を経営するため

残置物

移転などの際の中古事務機器や什器を買い取るため

○リサイクルショップ

いくつかの古物品目を合わせて取得して、リサイクルショップを経営するため

○ネットのオークション

ネット上のオークションサイトで、中古品を販売するため

中古医療機器

中古の医療機器を買い取り、改良して販売するため

貴金属

金やプラチナなど貴金属の買取業を開業するため

腕時計

中古品として流通する機会の多い腕時計を取り扱うため

○トレーディングカードや玩具

現に流通しているものの他、数十年前に発売されたトレーディングカードや玩具を取り扱うため

古物商許可の申請代行サービスの活用をご検討中の方には、初回無料にてご相談を承っております。まずはお電話にてご連絡ください。

ページトップへ戻る