プライバシーポリシーと提供情報の免責等

行政書士の守秘義務

行政書士には、以下のように法律で守秘義務が定められています。守秘義務は罰則を伴ったものですから、安心してご相談ください。

第十二条 (秘密を守る義務)
行政書士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も、また同様とする。

個人情報の収集・利用目的

当事務所・ウェブサイトへのお問合わせや業務依頼等で得られた、お名前、ご住所、生年月日、電話番号、メールアドレスなど、お客さま個人を識別できる個人情報は、当事務所が適切に管理・保護し、以下の目的のために限り利用させていただきます。

  1. 業務遂行と、それに付随する書類等の発送
  2. お問合わせ、ご相談に対する回答
  3. 業務完了後のアフターフォロー、お知らせ等の送付

個人情報の提供

当事務所に提供いただいた個人情報について、お客様ご本人の同意なく第三者に提供することは、法令に基づく場合、業務遂行上、官公署へ提出する場合を除き、ございません。

個人情報の開示、訂正、削除等

お客様からご提供いただいた個人情報は、当該個人情報の情報主体であるご本人様が自己の個人情報について、当事務所に開示、訂正、利用停止、消去等を請求された場合に、ご本人様の確認をとり次第、適切な対応をさせていただきます。

著作権について

本ウェブサイトの文章・画像などは、一部の例外を除き、当事務所が著作権を有しています。無断転載や一部文章の複製、画像への直リンク等はご遠慮ください。引用などに関しましては、著作権法の範囲内でお願いいたします。

免責

当ウェブサイトに掲載した文章、画像等には万全を期しておりますが、法律の改正、地域による違い、その他の原因により、情報を利用することで生じたいかなる損害も責任を負うも のではございません。情報の利用はすべて自己責任で行っていただき、重要な箇所等は複数の情報を検討いただきますようお願い申し上げます。

プライバシー・ポリシー等を含め、当ウェブサイトの文章・画像は予告なく変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

古物商許可の申請代行サービスの活用をご検討中の方には、初回無料にてご相談を承っております。まずはお電話にてご連絡ください。

ページトップへ戻る