古物商営業の魅力

“好き”なことを、こだわりを持って続けられる

好きなものを商品として扱える、同じ興味を持つお客さんと触れ合える、より深い知識を得ることができる。古物商の魅力は様々ですが、開業・経営する側にとっては、なにより楽しく仕事ができるという魅力が大きい業種です。

中古カメラの売買

店舗の雰囲気やレイアウト、商品のラインナップや配置にこだわって商売ができるのも、まずは”好き”という理由あればこそ、ではないでしょうか。

利用者であるお客さんにも変化が

近年、ユーズド品やリサイクル品を利用することに対して、利用者であるお客さん側の意識にも変化が出てきました。クリーニングや補修技術の進歩によって、一度利用された商品でも汚れやキズが目立たなくなったことや、価値観の多様化によって、ユーズド品の”古さ”も個性のひとつとして認識されるよう になったこと、そしてリサイクル意識が高まってきたということが、大きな理由として挙がります。

不況が長引く影響で、身の回りのものは出来る限り安く済ませよう。そんな消費者の思いが、特にリサイクルショップには追い風になっている面もあります。

“好き”を仕事にする難しさ

自分の興味のある分野、好きなモノを扱うお店を始めることは、とても夢があり魅力的です。しかし、そうであっても商売は商売。開業・起業後に繁盛して発展を遂げる店舗よりも、数年で閉店に追い込まれてしまう店舗のほうが数倍も多いのが現状です。

好きだから、長く続けられる。しかし、好きだからこそ、判断を誤って続けられなくなってしまう。

古本在庫の氾濫

たとえば、趣味のコレクションが興じて専門店を始めようという方、もし今持っているコレクションが数日で売れてしまったら、すぐに補充できる仕入れ先を確保していますか?また好きな商品を仕入れた後、売れなければ自分のコレクションにするからいいや、なんて考えていませんか?在庫不足や極端な在庫の保有は、経営難や経営圧迫の大きな要因となります。

こだわりをもって、”好き”なことを続けられるように

好きなことを、こだわりをもって長く続けられるように、開業前から準備と計画は怠りなく。このホームページでは、古物商を開業するために必要となる準備や情報などを、一般的な開業・起業時に必要となる知識とともに紹介しています。

ユーズドショップやリサイクルショップを始めたいけれど、何から手をつけたらいいのかわからないという方にも読んでいただけるよう、できるかぎりわかりやすい表現になるよう心掛けました。

古物商許可の申請代行サービスの活用をご検討中の方には、初回無料にてご相談を承っております。まずはお電話にてご連絡ください。

ページトップへ戻る