古物商のホームページへの集客を考える

ホームページは、別記事でも触れたとおり、作って公開しただけではなかなか訪問者が増えません。実店舗のユーズドショップ・リサイクルショップと連動させて、 プロモーション活動などでホームページも一緒に告知することも必要です。加…

続きを読む

古物商のホームページを作成する

事業を行う上でホームページが有っても何の意味もない、むしろ有ると困る、といった明確な理由がない限りは、自店(自社)のホームページは制作するべきです。

続きを読む

古物商開業時の資金調達や融資申請

取り扱う商品にもよりますが、古物商は飲食店業などと比較して開業の初期費用を低く抑えることのできる業種です。しかし、すべてを自己資金で賄える場合も少ないでしょうから、開業時には公的金融機関等を利用するなどして、開業資金を調…

続きを読む

古物商の仕入れ先の確保

ユーズドショップ、リサイクルショップなどは、飲食店や他の小売店と比較して粗利益が高い半面、特定の業者から定期的に商品を仕入れることが難しい業種です。仕入先の確保は、開店前から幅広く計画し、準備しておく必要があります。

続きを読む

店舗候補地の実地調査

※中古品販売業は、店舗前の人通りを重視する必要のない販売形態も多く存在しますが、ここでは人通りを重視する場合を前提に確認していきます。 候補物件が決まったら、もちろん不動産屋さんに古物営業として利用可能か、使用承諾書に協…

続きを読む

古物商の店舗として使う物件を探す

事業計画書(開業計画書)の基本部分を作成し、事業形態を決定したら、次は店舗物件探しです。自分の思い描く理想の店舗像と、事業計画書の計画を達 成できる立地条件を兼ね備える物件を探すわけですが、これは通常まずありません。

続きを読む

ネットショップで中古品の売買業

ここでは、無店舗販売型の中でもネットショップを念頭に説明していきます。古物商とインターネットは比較的相性の良い組み合わせですが、運営する上で注意しておかなかければならない点もいくつか存在します。ホームページの作成と運営に関する注意事項などは、ホームページをつくるを参照ください。

続きを読む

古物商許可の申請代行サービスの活用をご検討中の方には、初回無料にてご相談を承っております。まずはお電話にてご連絡ください。

ページトップへ戻る