買い取る?引き取る?古物商許可と廃棄物許可の区別

これから始める事業の業態によっては、古物商許可が必要なのか廃棄物の収集運搬業許可が必要なのか、迷われる方も意外と多いのではないでしょうか。

当事務所でも、起業時のご相談においては「どっちの許可が必要なの?」と悩まれてのご相談を頂くことがございます。

品物を受け取るときのお金の動きは?

必要な許可は古物商許可なのか廃棄物収集運搬許可なのか、ザッと判断する方法は、品物を受け取ったときのお金の動きがどちら向きであるかです。

古物商許可の場合、中古品を買い取ってそれを転売して利益を上げる業態になるので、お金の動きは業者さん側から中古品を引き取ってもらう人の側へ動きます。

逆に廃棄物収集運搬業の場合は、不要になって邪魔なものを業者さんに引き取ってもらうわけですから、お金の動きは不要品を引き取ってもらう人から業者さんの側へ動きます。

古物商許可は、主に盗品を買い取って窃盗犯に利益がないように取り締まる側面が強い許可制度です。そのため、引き取ってもらう人の側に金銭が移動することを重視します(ただし、中古品を転売する段階でも制約がかかる許可です)。

他方、廃棄物関連の許可は、廃棄物を引き取ってから適切に処理がなされるように規制する側面の強い許可制度です。廃棄物を引き取るとき、既に金銭が業者さんの側へ移動しますから、それ以降に廃棄物が不法投棄されたりしないように取り締まることが重視されているイメージです。

「一般」か「産業」か、廃棄物収集運搬業許可の種類に注意

必要な許可が古物商許可であれば、営業所の管轄警察署へ申請を行えばよいのですが、もし必要な許可が廃棄物収集運搬業の許可であるなら、安易に会社設立等を進めてしまわず、許可申請の手続き自体をしっかり確認しておくことが先決です。

というのは、引き取る品物が「産業」廃棄物なら比較的許可を得ることが容易ですが、「一般」廃棄物なら自治体によってはほぼ不可能といってもよいほど許可を得ることが難しいことがあるためです。

業態によっては両方の許可が必要になるケースも

不要品の回収が含まれる事業においては、古物商許可も必要だし廃棄物許可も必要、両方取得しておかなければならないという事業形態もあります。

「これを買い取って欲しい」と「これを引き取って欲しい」は、行為としては紙一重のことが多いからです。

そこで、不要品の回収事業を始める予定の方には、古物商許可の要否と合わせて、廃棄物許可の要否も事前に確認しておきましょう。

古物商許可の申請代行サービスの活用をご検討中の方には、初回無料にてご相談を承っております。まずはお電話にてご連絡ください。

ページトップへ戻る